【パパ活】シュガーダディでのパパ活失敗体験談

「手っ取り早くお小遣いがもらえる」という理由でパパ活が流行していますが、何も考えずただパパを探しているだけでは失敗してしまいます。

パパ活はパパが「本当にパパになってくれるほどの余裕がある人なのか」を見極める力も必要であること、失敗を通して痛感しました。

なので今回は、筆者であるわたしがシュガーダディを通してパパ活をした時の失敗体験談についてお話していきます。

パパ活を「かんたん」「手軽にお小遣いがもらえる」と安易に考えているだけではうまくいかないことも分かったので、今後パパ活をしようと考えているみなさんの参考になるよう解説していきます。

シュガーダディに登録してパパ活開始!

早速シュガーダディに登録してパパ活を始めていきます。

シュガーダディは「お金持ちの男性が多いよ!」と友人からおすすめしてもらったのがきっかけで使いはじめました。

「出会うならお金持ちがいい!」と決めていたので、次のような条件を設定して絞ってみました。

  • 年齢:35歳〜60歳
  • 年収:1,000万以上
  • 職業:経営者・企業役員・弁護士・医者
  • 資産額:1,000万以上
  • ランク:なし

年齢については「できれば若い男性がいい」と思っていたのですが、経済的に余裕のある太パパのような男性との出会いも期待していたので、35歳〜60歳と幅広く設定しています。

やっぱりお小遣いも2~3万くらいの条件で考えてくれる人がよかったので、年収は最低でも1,000万以上の人に絞りました。

シュガーダディに登録してからざっとプロフィールをチェックしてみたのですが、とにかくハイクラスな男性が多いのに驚きました。

年収1,000万以上の男性はたくさんいますし、資産額5,000万以上の男性も珍しくありません。

ただ後ほど気づくのですが、年収や資産額だけを見て男性を選ぶと痛い目に遭いますので、プロフィールの内容やメッセージ、あるいは会員ランクから「本当の収入・資産額なのか」を見極めることが大事ですね。

(後述している「パパ活に失敗した原因はどこにあったのか」を参考にしてください。

この条件で検索してみると、たくさんの男性が表示されました。

この中で特に条件が良さそうなAさんに早速メッセージを送ってみることに。

Aさんのプロフィールはこんな感じです。

年齢は34歳と「パパにしては若いかな?」と思ったのですが、年収が8,000万、資産額が1億と条件がとてもよかったのでとりあえずメールを送ってみました。

<Aさんに送ったメール>

はじめまして。


Aさんのプロフィールを読ませていただいたのですが
求めている関係性が同じなところにすごく惹かれたので思い切ってご連絡してみました!

わたしは現在25歳で、都内でOLとして働いているんですけど
このサイトで「経済的に余裕があっていろんな経験をさせてくれる男性と出会えるよ」と
友達に教えてもらったので登録してみました。

近い将来海外への留学も考えているので理解して応援してくださるような男性との出会いが理想です。


一緒に過ごす時間が、お互いに楽しい時間にできるような関係になれると嬉しいです。

ご飯食べにいったり旅行したりするのも好きなので、そういうのも楽しめたらって思っています。

よかったらご返信いただけると嬉しいです。

お待ちしていますね。

パパ活を全面的に出すのは男性からみれば「重い」と思われそうだったので、あえて”経済的に余裕があっていろんな経験をさせてくれる男性と出会える”という表現を使ってアピールしてみました。

Aさんとのやりとり開始

すると1時間もしないうちにAさんから返信が。

A:はじめまして。

登録したのでわからないこともありますが、色々と話して条件とか決められたりしたらいいなと思います。

質問とかも多いかと思いますがお話しませんか?

感触はすごくよさそうだったので、Aさんとやりとりを続けてみることに。

私:メッセージ拝見しました。

条件などはお話する中で決められたらと思います。

こういった関係は既婚者の方が多いので、独身の方は珍しいなと感じています。

色々とお話してみたいです。

あんまり頻繁にサイトを見ているわけではないのですが、よろしくお願いします。

A:「今月の28日に退会する予定なので、それまでなら全然ゆっくりでもいいですよ。

東京のどちらでしょうか?」

というやりとりから始まりました。

どうやら有料会員ですが期間限定のお試し感覚で利用していたみたいです。

プロフィールを見る限りではステータスも高いですし条件はいいかなと感じていましたが、ただ独身男性であることと、最初から退会日を伝えられたことに「急いで探しているのかな?」という疑問もありました。

そこから話はパパ活の条件へ。

A:以前はどのような条件なのですか?もしよかったら参考までに教えてください。

私:だいたい平均して月に2~3回ほど会って、その都度3くらいでしたね。

男性の仕事や予定の都合に合わせて食事にいったり、旅行にいったりもしてましたよ。

恋愛関係ではないので体の関係は基本はなしでしたが、特に揉めたりはなかったです。

あくまで前の方なので参考にして頂けたらくらいで思ってます。

A:同じくらいなら条件はぴったりです。

旅行もありだとありがたいですね。

このあとわたしがどんな女性かや、今の生活についていくつか質問されました。

お小遣いなどの条件的には特に問題なかったのですが、Aさんが求めていることで1つ不安に感じたのが「1~2時間とかよりは泊まりでゆっくり遊びたい」ということでした。

食事やお買い物デートではなく、基本は旅行を希望している人だったので、正直「お小遣いの条件にもよるなあ」という気持ちでした。

と、ここでAさんから初回の顔合わせについての質問が。

A:ところでいつごろお時間のある日にちってありますか?

私:来週末の土日どちらかか、もしくは再来週の平日夜か土日日中になります。

A:ちょっと空きますね。

今週はダメですか?金曜日とか。

来週は仕事が忙しいんです。

「なかなかグイグイ来る人だな」と思ったんですが、それよりも「どうしてこんなに急いでいるのだろうか」という疑問が大きかったですね。

いろんな不安も浮かびましたが、やっぱり「プロフィールを見る限りでは条件がいい」と感じていたので、偶然にも予定が空いていた2日後の金曜日が空いていたので会うことにしました。

Aさんとの待ち合わせ

Aさんとは当日駅で待ち合わせすることに。

すると後ろから、

A:あのー、●●さんで合ってますか?Aです。

私:そうです、初めまして!よろしくお願いいたします。

そんな会話から無事に待ち合わせすることができました。

Aさんの印象はどちらかと言えばイケメンでしたが、悪く言えば「少しチャラそう」というイメージでした。

以前にシュガーダディで出会った女性とお付き合いしていたみたいなので、なんだか慣れている感じでした。

と、本来ここからは軽いお茶程度の予定だったのですが、Aさんが「お腹すいたから食事しながら話そうよ」と行って急遽食事デートに。

そこで断っておけばよかったのですが、押しの強さに断りきれず言われるがままにお店に移動することに。

条件交渉とお付き合いについて

お酒を飲みながら最初はAさんの仕事やプラベートの話を中心に聞いていました。

ですがお話を聞いている限りでは仕事もはっきりとしないですし、プロフィールには会社経営をしているとあったのですが「今は他の人に譲って不動産収入で生活してる」など、どこか違和感のある話ばかりであまりいい印象を持てませんでした。

この時から「この人本当にお金持ちなのかな?」という不安が出てきて「もしかして騙されてるのかも」という気持ちが強くなってきました。

あまり条件や今後のデートについての話が出てこず、それよりも恋愛や結婚願望についての話が多かったので、この時点でAさんとお付き合いする気持ちは全く消えていました。

お小遣いをもらって解散だったはずが・・・

もうそろそろ「お店を出たいな」と思った時にAさんから「終電って何時くらいなの?」と聞かれたので思わず「24時くらいです」と本当の時間を伝えてしまったのですが、その結果「もう一軒付き合って」と言われて断れない状態に。

しかもその場ではお小遣いをくれる素振りはなく、ここで「もしかして・・・」と嫌な予感がしていました。

お店を出た後にAさんは歓楽街の方に歩き始めたので、面倒なことになりそうだと感じたので「やっぱり明日朝が早いので今日はもう帰りますね!」と伝えました。

最初は止められて「もうちょっとだけダメ?」と言って帰してくれませんでしたが、強引に押し切ってタクシーに乗り込みました。

結局Aさんとはそのあと連絡を取ることはなく、顔合わせでもお小遣いももらえなかったので今回のパパ活は失敗に終わりました。

パパ活に失敗した原因と見極めのポイント

独身で若い男性はセフレや愛人・恋愛希望が多い

まず「選ぶべきではなかった」と反省した点が、独身であったことです。

Aさんも独身だったのですが、お小遣いなどの条件についての話を避けたり、恋愛や結婚についての話が多かったりした点から「最初からパパという関係でお付き合いする気はなかったんじゃないか」と思います。

実際ネットで出てくるパパ活の体験談をみていると、「パパ活じゃなくて恋人になってほしいと言われた」と、パパ活目的ではなく恋愛対象として女性を探している男性が意外と多いことがわかりました。

また、独身の男性は既婚男性よりもパパ活で体ありの関係になりやすいです。

今回お会いしたAさんのように、最初からパパ活以外の目的で近づいてきた可能性もあります。

トラブルを避けて長くお付き合いするためにも、パパ選びをする際は独身男性よりも既婚者の男性を選ぶようにしましょう。

顔合わせでもお手当がもらえるかメールで聞いておく

顔合わせをする前に必ず「お手当がもらえるか」をメールで確認しておきましょう。

今回、顔合わせもお小遣いありなのかを聞かずに会ったのですが、これはNGです。

シュガーダディでいろんな男性のプロフィールを見ていると、「初回の顔合わせからお小遣いが欲しいとかいう人は会いません」みたいな感じで書いている人が結構います。

こういった人は、そもそものパパ活のルールを理解していない人だったり、条件が悪かったりするので期待して会うのはおすすめできません。

今回お会いしたAさんに関しては、プロフィールにそういったことは書かれていませんでしたが、後々の態度を見ると「最初からお小遣いもパパ活も考えていなかった」ということがわかります。

本当にパパになってくれる人かどうかを見極める意味でも、初回の顔合わせでお小遣いを渡してくれるのかは確認するようにしてください。

資産額が高くても収入証明を提出していない人は注意

シュガーダディでは、男性は3つのランクに分けられています。

  • 無料会員:会員登録のみ
  • プレミアム会員:有料会員になっている人
  • ダイヤモンド会員:有料会員+収入証明を提出している人

この3つに分けられます。

パパを探すのであれば、プレミアム会員もしくはダイヤモンド会員を狙うのが絶対ですが、資産額が極端に高い男性の場合は収入証明まで提出しているダイヤモンド会員かどうか、チェックする必要があります。

今回のAさんは資産額1億円となっていましたが、会員ランクはプレミアム会員でしたし実際にお会いしてみて、身なりや雰囲気から「1億も資産があるような人には見えない」と感じました。

資産額が高い人ほどウソな可能性も高いので、プロフィールや証明書の提出しているダイヤモンド会員になっているかチェックした方がいいですね。

具体的に言うと資産額が5,000万を超えている男性はダイヤモンド会員になっている人に限定すると確実です。

男性のプロフィールに惑わされないように、証明書の提出をしている人を優先的に探していきましょう。

まとめ

パパ活は手軽でかんたんなイメージが強いので、興味本位で始める女性も多いでしょう。

ですが実際はパパを見極める力も必要ですし、条件をあげるためには交渉も必要になってきます。

またパパのことを完全に信用してしまったことから騙されてしまい、痛い思いをしている女性も実際に存在します。

パパ活に失敗しないためには、まずは「パパ活はどんな仕組みなのか」また「どうすれば良質なパパを見つけることができるのか」、知識やテクニックを身につけておくことが大事です。

パパ活はうまくいけば素敵な男性と出会えますし、お小遣いだけでなくいろんな経験もできますので、事前にしっかり理解した上でパパ活を成功させてくださいね!